スポンサーリンク

テラドック($TDOC)企業分析

スポンサーリンク

企業概要

About Teladoc

Teladoc Healthは、2002年にByron Brooks氏Michael Gorton氏が創業し、オンライン診療のプラットフォームを提供している会社です。
主にオンライン診療の使用される局面としては、プライマリ・ケアとメンタルヘルスのケアが主な用途となります。

プライマリ・ケアとは日本でいうかかりつけ医が主に役割を担っています。風邪等の軽症での受診や、高血圧や糖尿病で長期間薬を服薬するイメージです。

また、Teladoc Healthは、2020年にLivongoを買収しました。

Livongoは、糖尿病や高血圧などの慢性疾患に対して、デバイスを用いて管理、AIで分析し、患者にアドバイスをフィードバックします。

テラドック($TDOC)のIR

Teladoc Health, Inc. - Investors

テラドック($TDOC)のビジネスモデル

Access Fees=サブスクリプションと、Visit Fee=一回限りの利用とに分かれています。

企業の福利厚生や保険会社を通したサブスクリプションの比率が圧倒的に高いです。

テラドック($TDOC)の決算

直近決算(2021/5/2現在) 2021.1Q
○売上:$453.7M(+151%)(予想$451.9M)
☓EPS:-$1.31(予想-$0.62)
◯ガイダンス:Q2: $495~505M(予想$486.23M)FY21: $1.97~2.02B(予想$1.99B)

直近決算は、EPSが未達でした。売上もノーサプライズ、ガイダンスも予想を上回りましたが、弱めのガイダンスでした。

EPS未達の原因


CFOによると、主にLivongo社との合併に関連した株式報酬の増加、買収した無形資産の償却、および法人税の調整によるもの。
ということでした。

売上とEPSの推移

EPSは、前年同期が$-0.40、当期は$-1.31ドルでした。

CFOによれば、EPSには、繰延税金評価調整額 0.57 ドル、主にリボンゴの無形資産の償却費 0.30 ドル、リボンゴへの株式報酬費用 0.57 ドルが含まれ、それが今回のEPS悪化につながったとの説明でした。

Gross marginの推移

グロスマージンの推移です。60%台が続き、競合が多いこの業界では比較的強い競争力を維持されていると思います。しかし、リボンゴヘルスを買収してもGross Marginの向上は見られず、ただ損失が増えてしまったという相互効果の低い買収となってしまっています。

テラドック($TDOC)のPSR

PSRは、13.71(2021/5/2現在)です。

テラドック($TDOC)株価

前回の決算同様、今回の決算でもPSRで14近くとかなり割安な水準まで売り込まれています。

リボンゴとのマージがあまりうまく行っていない他、アマゾンケアのローンチを始め、手強い競合企業が多いこと、コロナウイルスの流行によるオンライン診療のブーストが今後は見込めない事など、株価の重しとなるリスクが多いように思えます。

タイトルとURLをコピーしました