スポンサーリンク

クラウドストライク($CRWD)株価分析 2022.1Q決算 注目のサイバーセキュリティ関連企業

crwd

今回は、あの中田敦彦さんも注目しているクラウドストライクに書いていきます。

まとめ

・クラウドストライクは、エンドポイントセキュリティのリーディングカンパニー
・ズィースケイラーとの提携を強化している。
・2022.1Q決算は、売上、EPS、ガイダンスとも予想を上回った。
・今後も大統領令の影響で、防衛部門で高い成長が見込まれる。
・40%ルールでは、驚異の109%。

スポンサーリンク

クラウドストライク($CRWD) 企業概要とビジネスモデル

本社米国カリフォルニア州サニーベール
CEOGerhard Watzinger
設立2011年
IPO2019年
時価総額49.797B

クラウドストライクの会社の経営理念は、

We don’t have a mission statement.We are on a mission to protect our customers from breaches.

です。

ただただ、顧客を脅威から守る強い意志を感じる経営理念です。

IPO時の幹事は、ゴールドマン・サックス、JPモルガン、メリルリンチなどでした。

クラウドベースのEDR(Endpoint Detection and Response)をSaaSとして提供しています。

いわゆるエンドポイントセキュリティというセクターに分類されます。

エンドポイント(パソコンや携帯電話といった個々の機器)ベースのセキュリティということです。

同じくセキュリティを提供しているZscalerはネットワークベースのセキュリティでした。

市場環境

Endpoint Security Market
https://www.marketsandmarkets.com/Market-Reports/endpoint-security-market-29081235.html

世界のエンドポイントセキュリティ市場規模は、2019年の128億米ドルから2024年には184億米ドルになると予測され、予測期間中の年平均成長率(CAGR)は7.6%になると予想されています。

大きく成長が見込まれているマーケットです。

スクリーンショット 2021-05-15 17.37.58

競合には、Microsoft (US),TrendMicro (Japan), McAfee (US)などが連ねています。

非常に、競争の激しい業界に身をおいています。

Gartner社の2021年のMagic QuadrantではLeaderに位置付けられています。

また、Forrester社のIncident Response Services部門でもリーダーとなっています。

強みは、クラウドベースということと、AIを利用したシグネチャレスなセキュリティモデルを採用しているということです。

クラウドストライク($CRWD)のIR

Investor Relations | CrowdStrike Holdings, Inc.
The Investor Relations website contains information about CrowdStrike Holdings, Inc.'s business for stockholders, potential investors, and financial analysts.

こちらのHPから、IRを参照できます。

では決算を見ていきましょう。

クラウドストライク($CRWD)直近決算 ハイライト

2022.1Q

◯EPS: $0.10(予想$0.06)
◯売上高: $302.8M(+70%)(予想$291.4M)

ガイダンス
Q2
◯EPS: $0.07~0.09(予想$0.06)
◯売上高: $318.3~324.4M(+60~63%)(予想$310.19M)
FY22
◯EPS: $0.35~0.41(予想$0.3)
◯売上高: $1.347 – $1.3657B(+54~56%)(予想$1.32B)

四半期の売上は、前年同期比70%増の$302.8Mとなった。
サブスクリプション収益は、前年同期比73%増の$281.2Mとなった。
年間継続収入(ARR)は、前年同期比74%増加し$1.19Bとなった。
新規契約ARRは、$143.8M相当となった。
サブスクリプションの売上総利益率はGAAPベースで、77%となった。
GAAPベースの営業損失は、$31.3Mとなった。
GAAPベースの純損失は$85.0Mとなった。ただし、これにはHumio社の買収による知的財産の統合に関連する税金費用$48.84Mが含まれている。
GAAPベースの1株当たり純損失は、$0.38であった。
キャッシュフロー:営業キャッシュフローは、過去最高の$147.5Mであった。
フリー・キャッシュ・フローは、過去最高の$117.3Mとなった。
現金および現金同等物は、2021年4月30日時点で$1.68Bでした。

カンファレンスコールで気になったCEOの言葉

Zscaler社とのパートナーシップは、両社が技術面と商業面での関係に投資することで深化を続けていく。当四半期には、Zscaler社との間で複数の新しい技術統合を発表たが、Zscaler社がCrowdStrikeの顧客になったことも報告したい。

第1四半期は、公共部門の需要が大きく、米国連邦政府の民間および防衛関連の案件を複数獲得したほか、最大手のヘルスケア機関との取引を拡大した。今後も大統領令にもあるように国家のサイバーセキュリティ強化が予想され、これらの分野からの顧客獲得が見込まれる。

クラウドストライク($CRWD)のKPI

顧客数は、Humioの買収分を含めて、1524増加し、11420に達しました。

ARR(年間経常収益)とは、毎年決まって得られる1年間分の売上のことで、サブスクリプションモデルの成長を測る指標です。

サブスクリプションモデルのKPIとして有名な指標です。

増加率は鈍化しているものの、順調に成長していっていることがわかりますね。

Crowdstrike決算説明資料より

Retention Rate(既存顧客維持率)のグラフです。絶好調であった昨年よりは減少しているものの、会社の目標としている120%は上回っている状態が続いており、好調と考えます。

クラウドストライク($CRWD)のP/L

売上と成長率

四半期の売上は、前年同期比70%増の$302.8Mでした。

若干成長率が鈍化している事が気になります。

粗利と粗利益率の推移

グロスマージンは、74%前後で安定しています。次回以降Humioの買収の効果に注目したいと思います。

一般管理費、研究費、マーケティング費

General and administrative(一般管理費)、Research and development(研究費)、Sales and marketing(マーケティング費)は、それぞれ$42,374、$78,180、$135,131でした。

マーケティングを積極的に仕掛けて売上を伸ばしていくのがクラウドストライクの特徴です。

本決算でもその攻めの姿勢が垣間見えました。

EPSの推移

Humio買収により当四半期の営業費用は約500万ドル増加し利益を圧排した影響でEPSも−0.38となってしまいました。Humio買収の営業費用は四半期の費用の約2ヵ月分に相当しているようです。

次回以降のEPSの推移に注目です。

クラウドストライク($CRWD)のB/S

流動比率207.37%
自己資本比率29.62%

自己資本比率は、29.62%と若干低いですが、キャッシュは豊富に持っており、安全性に大きな問題はないと思います。

クラウドストライク($CRWD)のC/F

本業の儲けである営業キャッシュフローは四半期づつ順調に成長しています。

今回は、Humioを買収した影響により、投資キャッシュフローが、-384Mとなっていますが、キャッシュは豊富にあるので、大きな問題はないと考えます。

クラウドストライク($CRWD)の株価(2021/6/5時点)

finzizより

2021年2月に天井をつけてから横ばいが続いています。

5月後半にダブルボトムからブレイクアウト仕掛けましたが、ネックラインで押し返されてしまっています。

決算後の反応も芳しくありませんでした。

クラウドストライク($CRWD)のバリュエーション(2021/6/5時点)

クラウドストライクのPSRは、46.8で比較的高いPSR圏で推移しています。

40%ルール

売上成長率+FCFマージンで計算される40%ルールでは、

70%+(39%)=109%>40%

で40%を大幅に上回っています。

クラウドストライク($CRWD)の今後の株価どうなる?

ポジティブな点

・プロダクトの強さ、グロスマージンは75%で安定している。

・売上成長率は、70%と予想を上回る成長。サイバーセキュリティへの関心からさらなる需要が見込まれる分野。

・Rule of 40では、驚異の121%。

ネガティブな点

・売上成長率は徐々に減速している。

・株価は、横ばいで上昇トレンドにはない。

・PSRは46.8で比較的高いPSR圏で推移、過去と比べても高値圏。

個人的には、攻めの経営、かっこいい社名が好きなので、今後とも頑張ってほしいです。

今後ともサイバーセキュリティへの関心は高く、強い競争力を持つクラウドストライクへの期待は大きいと思います。

タイトルとURLをコピーしました