スポンサーリンク

ユーアイパス($PATH)株価分析 2022.1Q決算 RPAの先頭を走る企業のIPO初決算

path

2021.4.12にNasdaqに上場したPATHのIPO初の決算について書いていきたいと思います。

まとめ

・ユーアイパスは、RPAのリーディングカンパニー
・KPIは問題ない。
・一般管理費の著増が利益が圧迫。
・ガイダンスは売上成長率+31%と弱いガイダンス
・未だ高いバリエーションが許容されている。

スポンサーリンク

ユーアイパス($PATH) 企業概要とビジネスモデル

ユーアイパスは、RPAのリーディングカンパニーでした。

ユーアイパス($PATH)のIR

Investor Relations
Learn more about UiPath's financial performance, business for stockholders, strategic priorities, governance, securities, and recent and upcoming events.

こちらのHPから、IRを参照できます。

では、決算を見ていきましょう。

ユーアイパス($PATH)の2022.1Q決算 ハイライト

2022.1Q決算
○EPS: $0.02(予想-$0.05)
○売上高: $186.2M(+65%)(予想$168.6M)
ガイダンス Q2
○売上高: $180~185M(+31%)(予想$177.29M)

ハイライト

ARRは、前年同期比64%増の$652.6Mとなりました。
売上高は$186.2Mで、前年同期比65%の増となりました。
GAAPベースのグロスマージンは74%でした。
非GAAPベースのグロスマージンは88%でした。
営業活動に使用されたキャッシュフローは△$17.5Mでした。
非GAAPベースのフリーキャッシュフローは△$20.1Mでした。
貸借対照表 現金・預金および現金同等物・制限付き現金・市場性のある有価証券は、2021年4月30日時点で$1.9Bに増加しました。

Cloud Insights, Automation Cloud Robots, Task Miningの3つの製品を追加しました。
プラットフォーム全体で100以上の主要な新機能とより深い統合を実現しました。
自動化プログラムのエンタープライズ規模の管理およびガバナンスを行いました。
AIを活用して、最もインパクトのある自動化プログラムを発見し、優先順位をつけ、統合的に開発しました。
最も効果的な自動化の発見、優先順位付け、統合開発を行いました。

ユーアイパス($PATH)のKPI

Uipath決算説明資料より

SaaS企業ですので、ARRが重要な指標となります。

ARR(Annual Recurring Revenue)、年間経常収支は、年平均成長で79%増で成長し、2Q.2022ガイダンスでは、$703Mとなる予想です。

Uipath決算説明資料より

また、Retention Rate(既存顧客維持率)は145%で好調といえます。

世界中で顧客は、8500以上、$100K以上のARRの顧客は、1105社でした。

ユーアイパス($PATH)のP/L

売上と成長率

2021.1Qでは、売上は同年同期比65%増の$186,217Mでした。
予想は上回ったもののQoQで見ると売上は減速し、YoYで見ると成長率は鈍化しています。
Licenses(サブスクリプション製品)の売上が低かったのが原因のようです。
季節性を考えても、YoYでの成長率の鈍化はマイナス要因となりそうです。

粗利と粗利益率の推移

粗利は、137,207Mでグロスマージンは、73.68%でした。
粗利率の高いLicenses(サブスクリプション製品)の売上が減速したことが原因と思われます。
2022.2Qで引き続き90%前後のグロスマージンを継続できることができるかが注目です。

一般管理費、研究費、マーケティング費

General and administrative(一般管理費)、Research and development(研究費)、Sales and marketing(マーケティング費)です。

今回、一般管理費と研究費が著増し、利益を圧迫しています。

需要の増加に対応するための営業部隊やカスタマー・サクセス・チームの人員増強、将来の成長を促進するためのエンジニアリング・チームの増強などを行ったようです。

Net Profitの推移

まだIPO間もないので、Net Profitの推移を見ていきます。
一般管理費と研究費の影響か大量の損失が計上されています。

ユーアイパスのB/S

流動比率645.15%
自己資本比率82.35%

IPO間もないことあって豊富な現金、自己資本を持っています。

安全性には問題ないと思われます。

ユーアイパス($PATH)の株価(2021/6/9時点)

5月中旬にはIPO後最高値をつけ、ブレイクアウトと思われましたが、ブレイクは失敗に終わりました。

2022.1Q決算後、時間外で約-7%程度下落しています。

ユーアイパス($PATH)のバリュエーション(2021/6/9時点)

現在のPSR(LTM)は、63.6です。非常に高いPSRが許容されています。

ユーアイパス($PATH)の今後の株価はどうなる?

ポジティブな点

・ARRでは、年平均成長で79%と順調な成長を見込んでいる。

・Retention Rate(既存顧客維持率)は145%と高い数値を出している。

ネガティブな点

・売上はQoQで減速、YoYでも成長率は鈍化。

・一般管理費が著増、利益を圧迫している。

・低いガイダンス。

・高いバリュエーション

ビジネス的なKPIは特に問題ないし、特に決算に取りこぼしがないし、RPAは長期的なトレンドだと思うのですが、一般管理費の著増し、利益を圧迫していることが気になります。

タイトルとURLをコピーしました