スポンサーリンク

ジム・クレイマーから学んだ米国株のセクターローテーション

sector

今回は、ジム・クレイマーのジム・クレイマーの株式投資大作戦から学んだ米国株のセクターローテーションについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ジム・クレイマーの経歴

1955年生まれ。
1977年にハーバード大学を卒業する。
1984年ハーバード法科大学院を卒業する。
その後、ゴールドマン・サックスに入社し、トレーダーとしてのキャリアをスタートする。
1987年に独立し、ヘッジファンド「Cramer Berkowitz」を設立する。
1990年代後半から、ローエンス・クドロウと共に「America Now」および「Kudlow & Cramer」で司会を務める。
2005年〜『Mad Money』でホストを務める。

米国株は11のセクターに分類される。

セクターとは、株の銘柄をある共通点や類似点をもつ業種に分類し、業種グループに分けたものです。

米国株は微妙な差異はあるものの、11のセクターに分かれています。

有名なのは、バンガード社とステート・ストリート社のETFです。

セクターバンガードTOP3銘柄ステート・ストリートTOP3銘柄
情報技術VGTAAPL,MSFT,NVDAXLKAAPL,MSFT,NVDA
一般消費財VCRAMZN,TSLA,HDXLYAMZN,TSLA,HD
ヘルスケアVHTJNJ,UNH,PFEXLVJNJ,UNH,PFE
生活必需品VDCPG,KO,WMTXLPPG,KO,PEP
素材VAWLIN,SHW,APDXLBLIN,APD,SHW
公益VPUNEE,DUK,SOXLUNEE,DUK,SO
資本財VISHON,UNP,UPSXLIHON,UNP,UPS
通信VOXFB,GOOGL,DISXLCFB,GOOGL,TMUS
不動産なし XLREAMT,PLD,CCI
金融VFHJPM,BRK,BACXLFBRK,JPM,BAC
エネルギーVDEXOM,CVX,COPXLEXOM,CVX,EOG

各セクター、バンガード、ステート・ストリートのETF、TOP3銘柄(2021/6/20日)をまとめてみました。

セクターローテーションとは?

マクロ経済の変動に応じて、ポートフォリオマネージャーが一つの銘柄グループから他の銘柄グループに資産をシフトさせることをセクターローテーション戦略といいます。

一般的に、株価は経済の先行指標として6ヶ月先を行くと言われています。

イメージとしてはこんな感じです。

では、経済の波から解説していきます。

①Full Recession

失業率が増加し、個人消費が減少、GDPが減少し、企業の売上や利益が減少するフェーズです。

中央銀行は、政策金利を低下させることによって、景気を下支えしようとします。

イールドカーブは正常となります。

②Early Recovery

失業率、個人消費、GDP、企業の売上や利益が回復しはじめるフェーズです。

政策金利は低下したままですが、債権が売られ、イールド・カーブが急峻(スティーブ化)になってきます。

③Full Recovery

失業率が低下、個人消費、GDP、企業の売上が利益が上昇していくフェーズです。

政策金利が引き上げられ、イールド・カーブが平坦化してきます。

④Early Recession

失業率が徐々に上昇、個人消費、GDP、企業の売上や利益が減少していくフェーズです。

政策金利は引き上げられたまま、将来への不安から長期債権が買われ、長期金利が下落することから、逆イールドカーブが起きます。

次に、マーケットの波を解説していきます。

①Market Bottom

政策金利の低下から、低金利の恩恵を受けやすいもの、借入を増やすことで利益を得ることができる産業が買われやすいです。

FInance:金融(VFH,XLF)、Technology:情報技術(VGT,XLK)、Cyclicals:一般消費財(VCR,XLY)などのセクターがリターンが高くなります。

②Bull Market

景気に敏感なもの、消費者や企業の新たな支出に対する期待感から、

Technology:情報技術(VGT,XLK)、Industrials:資本財(VIS,XLI)、Basic Materials:素材(VAW,XLB)などのセクターのリターンが高くなります。

③Market Top

インフレ圧力の高まり、継続的な景気拡大による需要の維持から、

Basic Materials:素材(VAW,XLB)、Energy:エネルギー(VDE,XLE)、Staples:生活必需品(VDC,XLP)などのセクターのリターンが高くなります。

④Bear Market

利益が安定している

Energy:エネルギー(VDE,XLE)、Staples:生活必需品(VCR,XLY)、Healthcare:ヘルスケア(VHT,XLV)などのリターンが高くなります。

⑤Late Bear Market

利益が安定している

Healthcare:ヘルスケア(VHT,XLV)、Utilities:公益(VPU,XLU)、Finance:金融(VFH,XLF)などのリターンが高くなります。

ジム・クレイマーのプレイブック

GDP成長率金融政策買い売り
3%第4次引き締め策医薬品、スーパー重厚
2%景気の減速がはっきりする高PER銘柄、銀行、ノンバンク 
1%第1次緩和策小売流通株、住宅関連株 
0%第2次緩和策自動車 
-1%第3,4次緩和策低PERのハイテク株 
1%緩和策終了紙、パルプ、化学 
2%  医薬品、スーパー
3%金利引き上げに転換第2次引き締め策重厚金融、住宅、小売、自動車
4%第3,4次引き締め策金属、鉱山紙、パルプ、化学
ジム・クレイマーの株式投資大作戦より改変

ジム・クレイマーは、GDPの成長率と金融政策に注目して、買いのセクターと売りのセクターをまとめてくれています。

それをまとめたのが↑の表になります。

ジム・クレイマーの表は買い、売りのタイミングが明確でわかりやすいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました