スポンサーリンク

Marketsmithの使い方 ①RS(レラティブストリングス)を使って銘柄の強さを見極める

RS

Marketsmithを使う大きなメリットのひとつである、RS(レラティブストリングス)について解説していきます。

Marketsmithとは、ウィリアム・オニール率いるIBDが開発しているチャートソフトになります。

オニール流、ミネルヴィニ流投資を学び始めた頃に、まず躓くのが、RS(レラティブストリングス)とはなんぞや?ということだと思います。

今日は、そんな疑問をお持ちの方向けにRS(レラティブストリングス)の基本と分析方法をまとめました。

RSは、オニールやミネルヴィニの投資手法の最重要指標のひとつとも言っても過言ではありません。

是非、記事をご覧になって、自分のものにしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

RS(レラティブストリングス)とは?

ある特定の銘柄の動きを市場の残りの銘柄の値動きと過去52週に渡り比較したものです。

イメージとしては、指数が上昇する時に更に上昇したり、指数が下落する時に上昇したり下落幅が少なかったりする銘柄のことです。

1〜99で点数付けされ、最高得点の99点は、過去12ヶ月間に米国で取引されている他の全公開株式の99%を上回っていることを示します。一方、1の場合は、99%の銘柄を下回っています。

IBD独自のもので、計算方法は公開されていません。

Trading Viewには、類似の指標が数個ありましたが、確認がとれたもので、同様の数値になるものはありませんでした。

オニールは、レラティブストリングスの値が最低でも80以上でベースを形成している銘柄に投資することを薦めています。特に85〜90以上が望ましいとされています。

Marketsmithでは、RSでスクリーニングをできたりします。

ちなみにScreen→New Screen→SmartSelect Ratingで、2番にRS ratingが表示されます。

また、チャートでは、オレンジ色で囲った部分にRS Ratingが表示されます。

Marketsmithより引用

RSラインを使った分析方法

RSラインは、S&P500と比較した場合の株価の動きを示しています。

上昇しているラインは、その銘柄が市場全体を上回っていることを示しています。

逆に、下降線は、その銘柄が遅れていることを示しています。

RSラインを見ることで、上向きな銘柄はモメンタムがきている銘柄(株価面でリーダー)か、RSラインが下向きな銘柄はモメンタムが死んできている銘柄かを見極めることができます。

上に表示させたTSLAのチャートでは、2020年9月〜10月にかけてconsolidationを形成した後、RSラインが、高値をとって、ほぼ同時に株価のBreakoutが起こりました。

Breakoutが起こったポイント(ピボットポイント)が買い時となります。

RS line blue dot

https://marketsmithindia.com/mstool/blueDot.jspより引用

また、RS line blue dotには、

ある銘柄のRSが52週目の高値を記録した場合
かつ
株価が上昇する可能性を示すベースパターンを形成した場合または株価がベースを脱却した場合

に90日間の間RS line blue dotに表示されます。

注意:RSI(レラティブストリングスインデックス)とは異なる

よくテクニカル分析で用いられるオシレーター指標のRSIとは異なります。

RSIは、相対力指数と呼ばれ、その銘柄がどの程度の過熱感にあるか(買われすぎか売られ過ぎか)を調べる指標です。

SBI証券、楽天証券、マネックス証券等の証券口座等で見るRSIはこちらの指標になります。


タイトルとURLをコピーしました