スポンサーリンク

インテュイティブ・サージカル($ISRG)株価分析

ISRG

今回は、インテュイティブ・サージカル($ISRG)の2022.2Q決算を中心にまとめていきたいと思います。

まとめ

・インテュイティブサージカルは、ロボット支援下手術のリーディングカンパニー

・ダ・ヴィンチまわりの部品やサービスで儲けるビジネスモデル

・本決算では、売上高成長率71%と高成長だが、前年同期比であることに注意。

スポンサーリンク

インテュイティブ・サージカル($ISRG) 企業情報とビジネスモデル

本社カリフォルニア州サニーベール
CEOGary S. Guthart
設立1995年
IPO2000年
時価総額113.09B

インテュイティブサージカルの会社の経営理念は、

we believe that minimally invasive care is life-enhancing care.

です。

低侵襲治療が人生を豊かにする治療であるということを信じています

です。

主に前立腺癌の治療に用いられているダヴィンチで有名な企業です。

ダヴィンチを用いたロボット支援下手術を行うことで、開腹手術に比べて、体への負担が少なく、精度の高い手術を行うことが可能となります。

ロボット支援下手術市場

U.S. image-guided and robot-assisted surgical procedures market
https://www.grandviewresearch.com/industry-analysis/image-guided-and-robot-assisted-surgery-marketより

ロボット支援下手術市場は、2025年までCAGR14.6%で増加していくという予測がされています。

大きく成長が見込まれている市場です。

更に、現在は、前立腺癌や腎細胞癌など泌尿器領域での利用が中心となっていますが、ロボットの能力の向上に伴い婦人科領域や一般外科領域でも適応の幅が広がってきています。

これからもロボット支援下手術の適応は広がっていくと考えられ、さらなる需要が見込まれます。

ビジネスモデル

2022.2Q決算より

セグメント毎の売上です。

Systemsがダ・ヴィンチ本体、Instruments and accessoriesが、ダ・ヴィンチ周りの部品、Serviceがメンテナンス等が占めています。

ダ・ヴィンチ本体よりも付属品やメンテナンス等のサービスで儲けるビジネスモデルです。

インテュイティブ・サージカル($ISRG)の直近決算

○EPS $3.92(コンセンサス予想:$3.06)

○売上高 $1,46B(コンセンサス予想$1,26B)

決算ハイライト

全世界のダヴィンチ手術件数は、2020年第2四半期と比較して約68%増加しました。

2020年第2四半期はCOVID-19パンデミックによる大きな混乱を反映しており、2021年第2四半期は手技の継続的な回復を反映するとともに、パンデミック中に延期されていた多くの手技が含まれています。

2019年第2四半期から2021年第2四半期までの年平均成長率は16.5%でした。
da Vinci Surgical Systems の出荷台数は 328 台で、2020 年第 2 四半期の 178 台と比較して 84%増加しました。
当社は、2021年6月30日時点のda Vinci Surgical Systemのインストールベースを、2020年第2四半期末時点の5,764台と比較して10%増の6,335台に拡大しました。
2021年第2四半期の売上高は14億6,000万ドルで、2020年第2四半期の8億5,000万ドルと比較して72%増加しました。2019年第2四半期から2021年第2四半期までの年複利成長率は15%でした。
2021年第2四半期のGAAPベースの純利益は、2020年第2四半期の6,800万ドル(希薄化後1株当たり0.57ドル)に対し、5億1,700万ドル(希薄化後1株当たり4.25ドル)となりました。
2021年第2四半期の非GAAP*ベースの純利益は、2020年第2四半期の1億3200万ドル(希薄化後1株当たり1.11ドル)に対し、4億7700万ドル(希薄化後1株当たり3.92ドル)となりました。

インテュイティブ・サージカル($ISRG)のP/L

売上と成長率

2022.2Qには、前年落ち込んでいた手術件数の増加などの要因により、売上は増加しました。前年同期比と比較すると、71.81%ですが、前年の同期は、コロナウイルスのために、手術件数が落ち込んでいた時期なことに注意です。

とはいえ、順調に成長していると思います。

粗利と粗利益率の推移

グロスマージンは、50%台後半〜60%台後半で順調に推移しています。非常に安定していると思います。

EPSの推移

EPSも安定しています。

インテュイティブ・サージカル($ISRG)のB/S

流動比率598.71%
自己資本比率88.14%

流動比率、自己資本比率ともに素晴らしい水準にあります。

インテュイティブ・サージカル($ISRG)の株価(2021/7/24時点)

決算当日は、Premarketで3%近くまで上昇したものの、当日の値動きは芳しくなく、下落して終了。
その翌日から上昇しています。

インテュイティブ・サージカル($ISRG)のバリュエーション(2021/7/24時点)

7/24現在で、PERは、LTM基準で98.4と高いPERが許容されています。

インテュイティブ・サージカル($ISRG)の今後の株価どうなる?

ポジティブな点

・コロナウイルスからの手術件数減少が、収まってきている。

・確固たるビジネスモデル(ダヴィンチの部品系で儲ける)

ネガティブな点

・バリュエーションが高くなってきている。

・競争企業の増加(ジョンソンアンドジョンソンとグーグルなど)

タイトルとURLをコピーしました