スポンサーリンク

データドック($DDOG)株価分析 2021.4Q 決算は安定しており、強さ見せつける

 今回は、2019年IPO組の$DDOGの決算が発表されましたので、内容を見ていきたいと思います。

   

スポンサーリンク

データドック($DDOG)を取引できる米国株でおすすめの証券会社

SBI証券

楽天証券

マネックス証券

リンクから口座開設ができます。

データドック($DDOG)の決算ハイライト

$DDOG FY21.4Q

◎EPS $0.20 vs est. $0.12

◎Revenue $326.2M vs est. $291.48M

GUIDANCE:

〇Q1

Q1 2022

EPS $0.10~$0.12 vs est. $0.11

Q1 2022 revenue $334~339M vs est. $306.6M

×FY2022

EPS $0.45~$0.51 vs est. $0.57

revenue $1.51~1.53B vs est. $1.41B

今期はインフレを他所にSaaS企業らしく安定した成長でした。
通期の見通しがコンセンサスを若干下回っています。

データドック($DDOG)KPI

太客も順調に増えていますね。

データドック($DDOG)のP/L

売上と成長率

売上、売上成長率の推移です。

SaaSモデルだけあって、売上の成長は安定しています。また、グロース企業としては、成長率が加速していくのも高評価です。

EPS、EPS成長率の推移

今期

今期でEPSがプラスに転じています。

ポイントは、営業費用が減少したことにより、営業利益率の改善です。

営業費用をかけないでも、売上が伸びていることから、競争力が強いことがうかがえます。

データドック($DDOG)のB/S

流動比率353.88%
自己資本比率43.73%
負債資本比率(D/E ratio)1.29

財務は流動資産がかなり多く、健全と考えます。

データドックのC/F

営業CF、営業キャッシュフローマージン、FCF、FCFマージンともに上昇傾向で、文句の付け所がありません。
企業価値を着実に高めていると思われ、好感します。

まとめ

データドックは、インフレ化でも、安定した成長を見せていることが分かりました。

また、うまい具合に営業費用が落とせて、さらに営業利益率が高まって、収益性も大幅に改善しています。

EPSもプラスに転じており、今後は利益を伸ばすフェーズに転じていくことと想像されます。

懸念点としては、通期のEPSがコンセンサスに届かなったことですが、カンファレンスコールを聴いてみようと思います。

タイトルとURLをコピーしました